調査結果

競争を勝ち抜くリーダーが備えるべき能力とは

「学習の俊敏さ(Learning agility)」が高いリーダーの組織は、変革の基盤が整っている

2016年12月13日

競争が厳しく、外部環境の変化が激しい現在、リーダーが備えるべき能力として特に求められると言われているのが、「学習の俊敏さ(以下、「Learning agility」)」です。

これは、"経験から素早く学び、初めての環境下でその学びを応用して成功に導くことができる能力"とされており、変革期のリーダーに求められる重要な要素、といえそうです。

リーダーシップを発揮しているリーダーの中で、「Learning Agility」が高いリーダーとそうでないリーダーでは、管轄する組織にどのような違いがみられるのでしょうか。

以下は、コーチング研究所がこれまでに実施した、1,360人のリーダーに対する調査結果です。
リーダーシップ要素の全53項目について、部下から評価スコアを取得しています。

まず、全リーダーシップ要素のうち「Learning Agility」を除いた49項目のスコアが、平均値を上回っている742人を抽出しました。その中で「Learning Agility」のスコアが高いリーダーの組織(上位群)と低いリーダーの組織(下位群)の2つに分けました。それぞれの群のリーダーが管轄する"組織の状態"の違いをみたのが図1です。

図1. リーダーの「Learning Agility」が高い組織(上位群)と低い組織(下位群)の"組織の状態"の違い

上位群:「Learning Agility」のスコアが、全リーダー(1,360人)の平均より高いリーダーの組織
下位群:「Learning Agility」のスコアが、全リーダー(1,360人)の平均より低いリーダーの組織
上位群、下位群ともに、「Learning Agility」以外のスコアは全リーダーの平均より高い
※ 全項目で統計的有意差あり(**p<.001)
※ 左から、スコア差(上位群-下位群)が大きい順

n=742人(上位群:632人、下位群:110人)
7段階評価(1.全くあてはまらないー7.とてもよくあてはまる)
コーチング研究所調査 2016年

組織の一体感、次世代リーダーの育成、積極的な対話や部門間連携など、競争を勝ち抜いていくために多くのリーダーが必要だと感じている要素について、「Learning Agility」が高い群の方がスコアの高いことがわかります。

変化を作り出し、競争を勝ち抜いていくためには、組織の全員が一体となり、一人ひとりがリーダーとなって、組織内外と連携していくことは必須です。

あなたも、強い組織を作るために「Learning Agility」を高める行動を起こしてみてはいかがでしょう。

調査概要

調査対象: 組織に所属するリーダー1,360人 、リーダーの部下11,855人
調査期間: 2012年9月~2016年4月
調査方法: ウェブアンケートへ回答
調査内容: Leadership Assessment

お問い合わせ

関連レポート

2016年7月 6日

変革期を迎えた企業のリーダーに求められるもの
「質問」は、双方向のコミュニケーションを起こし、新しい発見を生む

 

2015年7月 8日

優れたリーダーの特性とその国際比較
「組織とリーダーに関するグローバル価値観調査2015」より

 

調査レポート一覧