調査結果

Insights

リーダー向け

異文化研究 総経理のリーダーシップ
日本と中国で異なる「会社の成長」を促すポイントとは

2017年2月14日

春節が明け、中国でも新しい年が本格的にスタートしました。日本から中国に赴任して...

リーダー向け

「執行役員や事業部長」と「部長」のリーダーシップの違いとは
~執行役員や事業部長は、会社全体を視野にいれて行動する~

2017年1月17日

2016年7月に、部長と課長のリーダーシップの違いに関する分析結果を紹介しまし...

リーダー向け

競争を勝ち抜くリーダーが備えるべき能力とは
「学習の俊敏さ(Learning agility)」が高いリーダーの組織は、変革の基盤が整っている

2016年12月13日

競争が厳しく、外部環境の変化が激しい現在、リーダーが備えるべき能力として特に求...

コーチ向け

コーチの熟練度で差が出る「コーチングの効果」
熟練度の高いコーチは総じてクライアントの評価が高く、特に違いの出る3つの効果がある

2016年11月 8日

コーチには、社内コーチとして部下へコーチングをしている人からプロのコー...

リーダー向け

組織のトップが評価する、イノベーティブな組織とは
「目標達成」「顧客視点」「企業理念」という3つの視点

2016年10月18日

組織のトップの多くは、既存のルールや慣例を破り、新しい道を自ら切り開い...

リーダー向け

イノベーティブな風土づくりの "鍵" となる社長の振る舞い
リーダー同士のつながりが強い会社と弱い会社では、社長の行動に大きな違いがある

2016年9月27日

組織にイノベーティブな風土をつくるうえで、特に重要な要素の1つに、役員や管理職...

リーダー向け

データに見る、海外赴任を成功に導くポイント
「アグレッシブな姿勢」「ビジョンの発信」「ネットワーク構築」がカギ

2016年8月23日

外務省の調べでは、民間企業の派遣で海外に駐在している日本人は26.7万人にのぼ...

リーダー向け

部長と課長のリーダーシップの違いとは
部長は、広い視野でビジョンを発信し、課長は、現場のリーダーとして部下と時間をとる

2016年7月26日

部下から見たリーダーシップという視点で、部長と課長の違いを見ていきたいと思います

リーダー向け

変革期を迎えた企業のリーダーに求められるもの
「質問」は、双方向のコミュニケーションを起こし、新しい発見を生む

2016年7月 6日

「質問」は、双方向のコミュニケーションを起こし、新しい発見を生む

リーダー向け

部下の「目標達成に向けた行動」を促進させる上司
目標についての継続的な対話、組織目標の共有、具体的なフィードバックが鍵

2016年5月25日

上司と部下の関わりの中で、コーチング研究所が、目標達成の促進に重要だと考える「フィードバック」に着目して調査した結果を紹介します。

リーダー向け

役員のエンゲージメントを高める経営者のリーダーシップ
経営者が役員と対話しビジョンを示し続けることが、役員の会社に対するエンゲージメントを高める

2016年4月13日

経営者が役員と対話しビジョンを示し続けることが、役員の会社に対するエンゲージメントを高める。

リーダー向け

経営者と役員の壁が組織にもたらすもの
経営者が役員から「忌憚のない意見」を引き出せていない組織は、社員のエンゲージメントが低い

2016年3月16日

コーポレートガバナンスに注目が集まっています。ガバナンスの強化により、経営の透明性や健全性を高め、企業価値向上を図ろうとする企業が増えています。それに伴い、社外取締役を活用する動きも活発になっています。社外の視点を取り入れるのが主な狙いですが、背景には、役員など社内の人材では経営者と対等に意見を交わすことが難しく、自浄作用が働きにくいという事情もあるようです。

コーチ向け

なぜ、コーチはクライアントにフィードバックを求めるべきなのか
コーチがクライアントにフィードバックを求めることが、クライアントの目標達成の可能性を高める

2016年3月 2日

コーチング研究所では、コーチがクライアントにフィードバックを求めることが、「コーチの関わり」や「コーチングの効果」とどのように関係しているのかを調査しました。

リーダー向けコーチ向け

コーチをつけたリーダーが手に入れること
コーチをつけると、目標に対する意識が高まり、達成のための対話が継続する

2016年1月13日

リーダーはコーチをつけることで、何を手にいれるのでしょうか。コーチは、クライアントの自発的な目標達成を支援します。コーチをつけた「経験がある人」と「ない人」で、目標に対する意識や行動がどれくらい異なるのかを調査をしました。

リーダー向け

目標達成と評価面談
評価面談は部下を目標達成に導く有効な機会

2015年12月16日

みなさんの部下は、組織目標にコミットし、達成に向けて強い意志を持って行動していますか? もしそうではない部下がいるとしたら、何があれば「目標達成しようという強い意志」を持たせることができるのでしょうか? コーチング研究所が実施した122社の組織調査データをもとに、目標を達成する方向に組織を牽引するヒントを探りました。

リーダー向け

イノベーティブな風土と役員間のコミュニケーション
組織のトップ同士のコミュニケーションは現場の部門間シナジーに影響する

2015年11月25日

コーチング研究所では、これまでに実施した32社の組織調査のデータを分析し、"イノベーティブな風土"を持つ組織のコミュニケーションの特徴を探りました。

コーチ向け

ツールの活用が経営者の成果を高める
成果を出す経営者とエグゼクティブ・コーチング

2015年10月14日

CSES調査レポート2015「成果を出す経営者とエグゼクティブ・コーチング」の中から、エグゼクティブ・コーチングの成功要因について分析した結果をご紹介します。

リーダー向け

何が良好な上司と部下の関係をつくるのか
「組織とリーダーに関するグローバル価値観調査2015」※より

2015年9月16日

今回は上司と部下の関係にフォーカスし、国による違いの分析結果を紹介します。主に「上司と部下の関係における良好度に違いはあるのか」「良好度を高めるコミュニケーションの要素は何か」という視点で、国別に上司と部下の関係を明らかにしていきます。

リーダー向け

リーダーシップの類型による国際比較
「組織とリーダーに関するグローバル価値観調査2015」※1より

2015年8月19日

「国」という観点で見たときに、国の価値観や成熟度によって効果的なリーダーシップは変わるのでしょうか。変わるとすればそこにはどのような傾向があるでしょうか。国別に効果的なリーダーシップの傾向を理解しやすくするため、まずリーダーシップの類型化を試みました。

リーダー向け

優れたリーダーの特性とその国際比較
「組織とリーダーに関するグローバル価値観調査2015」より

2015年7月 8日

コーチング研究所では、世界15の国と地域で、企業に勤める非管理職の男女100名(計1.500名)を対象に『組織とリーダーに関するグローバル価値観調査』を実施しました。「人生で大事にしている価値」「労働観」「理想の職場像」など様々な価値観を扱った調査になります。

リーダー向けコーチ向け

経営者が目標達成するために身につけるべき能力とは
問題解決力の向上、コンフリクトを扱えるようになることが目標の達成に近づく
~エグゼクティブ・コーチングの調査より~

2015年6月10日

エグゼクティブは、自身の目標を達成するためにコーチをつけます。 コーチは、エグゼクティブが目標を達成するために、その成長を支援します。 では、エグゼクティブはコーチングにより、どのような成長をして目標を達成するのでしょうか。

リーダー向け

社長が自らに求めるリーダーシップ要素とは
「変化促進」がさらに必要。「コミュニケーション」には課題意識。

2015年5月27日

社長は自分自身にどのようなリーダーシップが必要だと考えているのでしょうか。 社長109名が選んだ「自分に必要なリーダーシップの要素」とその自己評価を分析しました。

コーチ向け

クライアントを目標達成に導くコーチの特長
クライアントの多くがコーチングに満足していながらも、目標達成をすることができていない。目標達成に導くコーチは、他のコーチよりも、目標に向けた対話をしている。

2015年4月 8日

コーチングの成果をクライアントの満足度ではなく、ROIや目標達成度で測ろうとす...

リーダー向け

部下が上司に期待するリーダーシップ
部下は上司に、変化を促進することを期待している

2015年3月18日

部下は、上司にどのようなリーダーシップを期待しているのでしょうか。「Leadership Assessment」に回答した部下8,489名の結果について、「部下が評価した上司のリーダーシップ」と「部下が上司に期待するリーダーシップ」をグラフにすると図1のようになりました。

リーダー向け

「組織の変化」に影響を及ぼす要素
「リーダーシップおよび組織の状態」に関する調査の結果から、「社員間のつながり」が「組織の変化」に強く影響を及ぼすことがわかった

2015年2月18日

コーチ・エィ発行のメールマガジン読者を対象にしたアンケート調査では、99%の人が組織の変化が「非常に必要」または「必要」と回答しています。 では、「組織の変化」をおこすためには、どのような要素が重要なのでしょうか。

コーチ向け

クライアントが実感するエグゼクティブ・コーチングの効果
エグゼクティブ・コーチをつけたクライアント107名に「効果を実感する項目」について調査したところ、1位は「方向性・ビジョンが明確になった」であった

2015年1月21日

企業のトップや執行役員などの経営人材を対象に1対1で行う「エグゼクティブ・コーチング」が、日本の企業でも数多く導入されるようになっています。 そこで、クライアントであるエグゼクティブ本人が効果を実感する項目について、調査を実施しました。